トップ  > ポリエチレン(PE)

 
また透明シートをご要望の方は、お問合せください。

 
 

ポリエチレン(PE)

ポリエチレン(polyethylene)は、エチレンを重合して作られる合成樹脂です。 最も単純な構造をもつ高分子であり、無味無臭、水より軽く、剛性があり、耐水性、耐薬品性に優れています。加工しやすいので、プラスチックの中では最も生産量が多く、容器や包装用フィルムをはじめ、様々な用途に利用されています。

☆ポリエチレン(PE)には、密度の違いにより以下のような種類があります。

低密度ポリエチレン(LDPE/Low Density Polyethylene※別名 高圧法ポリエチレン

【特徴】
▸添加剤を使用せずに成形できる唯一のプラスチックです。
▸透明クリア性があり、柔らかく、引張強度、引裂強度に優れています。
▸耐熱温度は80~90℃で高温での使用には適さないが、ヒートシール性(熱圧着)があります。

低密度ポリエチレン(LDPE)は最もポピュラーなポリエチレンで、ビニール袋と世間で呼ばれているものです。低密度ポリエチレン(LDPE)が使われている製品用途としては、牛乳パックや紙コップ(紙にLDPEがラミネートされている)、ラップフィルム、マヨネーズ容器、チューブアイス、薬分包袋、医薬用容器(輸液バッグ、アンプル等)、緩衝用発泡成形体、フルーツネットなどがあります。

高密度ポリエチレン(HDPE/High Density Polyethylene※別名 中低圧法ポリエチレン

【特徴】
▸フィルムは透明クリア性があまりなく、パサパサとした若干硬い感触があります。
▸フィルムはガスバリア性、防湿性に優れますが、裂けやすいです。
▸耐衝撃性に優れています。
▸耐熱温度が高く(120℃以上)、ヒートシール性もあります。

高密度ポリエチレンの主な製品用途として、スーパーやコンビニエンスストアでお買いものをした後に手渡されるレジ袋があります。そのほかには、シャンプー容器、ポリバケツ、コンテナー、灯油缶、ロープ、水道管、ガス管などがあります。

直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE/Linear Low Density Polyethylene

【特徴】
▸高圧法ポリエチレンと比較して、建設費およびエネルギー消費が少ないことによるコストメリットと力学的性質・耐熱性・ヒートシール性などの優位性により、低密度ポリエチレン需要量の50%程度まで代替が進んでいます。

LLDPEが使われている製品用途としては、ナイロン等の別素材と積層して使用する食品包装袋(液袋、固体、粉体包装)、容器口栓、紙おむつ外層袋、肥料袋等があります。

戻る
 



株式会社 中谷商会 〒 536-0021 大阪府大阪市城東区諏訪3丁目14-11

TEL:06-6968-5701 FAX:06-6968-5702


        お問い合わせフォーム

株式会社 中谷商会

〒 536-0021

大阪府大阪市城東区諏訪3丁目14-11

TEL:06-6968-5701

FAX:06-6968-5702

会社外観
 




▼関連会社 エヌ・プラス

プラスチックシート全般の加工をしています。写真をクリックしてホームページをご覧ください。