トップ  > ポリ塩化ビニル(PVC)

 
また透明シートをご要望の方は、お問合せください。

 
 

ポリ塩化ビニル(PVC)

ポリ塩化ビニル(polyvinyl chloride)は、塩化ビニルを重合して作られる合成樹脂です。塩化ビニール・塩ビ・ビニールなどと略されます。最大の特徴は「可塑剤」という薬品を添加することによって、樹脂の硬さを自由に変えられることです。この硬さを変えられるという特性により、使用する様々な用途への応用が可能となっています。「可塑剤」を添加した柔らかい軟質ポリ塩化ビニルと、「可塑剤」を添加しない硬質ポリ塩化ビニルに大別されます。

ポリ塩化ビニル(PVC)は水に強く(耐水性)、酸やアルカリ、溶剤に耐性があり、電気を通しにくい性質(絶縁性)を持っています。圧延して布のように薄くすることができ、圧着して板のように厚くすることもできます。熱を加えると形を変化させられる(=高温で加工前の素材の状態に戻すことができる)リサイクルに向いた合成樹脂です。

【特徴】
▸強度があり、電気絶縁性、難燃性、耐候性、耐薬品性などに優れます
▸安価に製造できます。
▸着色しやすいです。
▸可塑剤の配合により軟質から硬質まで自由に製造できます。
▸耐薬品性では、有機溶剤に弱いです。 (酸、アルカリには強いです。)
▸耐熱性が弱く使用温度範囲が狭い -20℃で脆化、65℃~85℃で軟化する。
▸耐衝撃性も不十分 → ポリマーアロイにするなど開発が進んでいる。

戻る

 



株式会社 中谷商会 〒 536-0021 大阪府大阪市城東区諏訪3丁目14-11

TEL:06-6968-5701 FAX:06-6968-5702


        お問い合わせフォーム

株式会社 中谷商会

〒 536-0021

大阪府大阪市城東区諏訪3丁目14-11

TEL:06-6968-5701

FAX:06-6968-5702

会社外観
 




▼関連会社 エヌ・プラス

プラスチックシート全般の加工をしています。写真をクリックしてホームページをご覧ください。